SUVの欠点について調べてみた

SUVとは、自動車の形態の一つでスポーツ・ユーティリティ・ビークルの略です。
直訳するとスポーツ的多目的車となります。
シティ四駆とも言われているのですが、SUVの中に四区の設定があるというだけで、必ずしも全てのSUVが四駆であるとは限らないのが実情です。
メリットとしては、車高方鋳物が多いですが、悪路でも走る事が出来るように走行性能が高くなるような設計をされているため、車高の割にはアクティブな運転が可能となっています。
また、タイヤが通常の自動車よりも大きいため足回りが安定しており、乗り心地がとても良いです。
また、悪路を走行できるようになっているということは馬力が高いため排気量が大きく、たくさんの荷物を積載しても違和感を感じることは無く、快適な走行を行う事が可能と成っています。
また、車高が高いということは視界も良いため、車の大きさを理解していれば以外に初心者でも運転がしやすい車種でもあります。
こういったメリットがある反面、欠点ももちろんあります。
一番のデメリットはその車体の大きさと排気量の大きさがネックとなり、燃費が悪いといつ様なことが挙げられます。
また、車自体が大きいため、税金や重量税などが高くなってしまいます。

Comments are closed.