車体が重いため燃費が悪い

私たちは車を日常で利用しながら生活をしています。
プライベートにおいても仕事においても利用する機会があり、車を必要とする個人や企業や各種団体は非常に多く存在します。
このことから日本のあらゆる産業は車と密接な関係があります。
車自体を製造販売する産業は勿論ですが、そうでなくても車が商品を配送する産業、車で配送された商品を販売する産業など非常に多くの産業が車と関係しています。
このように車は私たち人間にとってどうしても必要な存在になっているのです。

赤トウガラシ

 

この車の中には沢山の種類が存在します。
個々の車には個性があり、その性能は全く異なります。
この車の中でもスポーツユーティリティビークルと言われているタイプがあります。
英語の頭文字をとってSUVと呼ばれており、人間の娯楽的な活動をするためにつくられた車です。
この娯楽はスキーやサーフィンやキャンプなどの外で行なわれるものを指します。

 

 

SUVは娯楽をする時には活躍しますが同時に短所も存在します。
それは燃費が良くないことです。
他の車と違ってどうしても車両の重さがあるのです。
これは使用目的が娯楽なので、室内の空間や積み込める荷物のスペースを広くしているからです。
車体が大きくなり、荷物が増えて重くなるとそれに比例してガソリンを沢山消費します。
SUVはその点が唯一の欠点と言われています。

Comments are closed.