周囲の視界が良好な理由

SUVはスポーツ向けの多目的乗用車として定義出来ます。より具体的には、性能面において人も荷物も多く積めるという部分を強調して作られています。その為、車高が概ね高いという特徴も有しています。また、飽くまで一般車である事から街乗り等の用途にも支障が無いように、デザインが工夫されています。

赤かぶ01
この特徴が運転において、大きな利点を齎しています。車高が高い事から必然的にドライビングポジションが高くなり、俯瞰的な視野によって運転が可能な事から視界が大きく広がり、運転中の危険認識・回避が行い易くなるという面があるのです。特に視野が狭まり易くなってしまう高速運転において安全性に寄与する面が大きい事から、長距離運転にはより適する車種と捉える事も出来ます。

 
こうした利点を有しながらも飽くまで一般車の造りである事から、トラックのように対象との距離が近過ぎる場合に視認が行い難くなるという事もありません。つまり、総じて運転が行い易い車になっている訳です。

 
更にSUVの利点を挙げるとすれば、定員が多い事からファミリーカーの用途としても適している面が挙げられます。前述した視界の恩恵は誰にでも受けられるものですので、家族の中で複数人が運転する車としても適する訳です。

Comments are closed.